So-net無料ブログ作成

2月11日 [自分]

昨年の2月11日、恩師坂本光司先生のお母様が天国に旅立たれました。

心より哀悼の意を表します。

先日出版された『日本でいちばん大切にしたい会社5』ではお母様のことが書かれています。

先生のお母様への愛情が改めて伝わり涙が出てきます。

私はこの1年間、正直言って言葉が見つかりませんでした。

1年が経った今、私はお母様に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

お母様、今の私があるのは坂本光司先生のおかげです。

東京時代から今日まで、本当にお世話になりっぱなしです。

独立の時は先生が背中を押してくださいました。

「おー、がんばれ!大丈夫だから」の先生のひと言が私をどれだけ勇気づけてくれたことかわかりません。

私がある赤字企業の立て直しに成功したときは心から喜んでいただけました。

また、ある企業から理不尽な要求をされたときは一緒になって怒ってくれました。

そうした先生のやさしさはきっとお母様から受け継がれたものだろうとずっと思っていました。

お母様、大変失礼な言い方かもしれませんが、坂本光司先生をこの世に産んでくださり本当にありがとうございます。

坂本先生のご恩に報いるためには精一杯強く正しく生き、中小企業の支援により一層努力すること以外にありません・・・それはきっとお母様も喜ばれることだと思っています。

今年の2月11日は人を大切にする経営で著名なたこ満さんがテレビ東京の『カンブリア宮殿』で紹介されました(テレビ東京さん、そして関係者のみなさん、たこ満さんを紹介してくれてありがとうございます。)。

不適切な表現かもしれませんがうれしい気持ちがありました。

お母様の命日に坂本先生とのご縁がとても深いたこ満さんが紹介されたからです。

きっとお母様も喜ばれていることでしょう。

人を大切にするいい会社が世の中にあふれるよう、これからも精一杯尽力して参ります。

お母様、天国でどうか安らかに。

sakamotop_tomita.jpg
静岡県庁主催 ワーク・ライフ・バランスシンポジウムにて