So-net無料ブログ作成

「社員ひとり一人が輝く人財育成」(株)たこ満平松相談役をお招きして [企業経営]

みなさん、こんばんは。

2月15日は静岡県職業能力開発協会主催「平成28年度 若年技能者人材育成支援等事業シンポジウム 職業能力開発推進者 全体経験交流プラザ」が催されました。

第1部の講演会は(株)たこ満の平松相談役をお招きして「社員ひとり一人が輝く人財育成」をテーマにお話しいただきました。

平松相談役のお話は何度もうかがってもいつも新鮮でその都度新しい気付きがあり、あっという間に時間が過ぎていきます。

たこ満さんの取り組みは、「経営計画書」や「ありがとうカード」、「かわら版」、「心得」等が有機的に繋がり、「お互いさま」の社風が機能しているところに特徴があります。

そのポイントは以下の通りです。

1.働く喜び(褒められ、必要とされ、役に立つこと)が実感できること(真のやりがいを得ることは制度が機能する風土づくりに繋がる)

2.「あるべき姿」、「そもそもの目的」がより明確に意識されること(暗黙知の形式知化に)

3.「ありがとう」と言うことが自分の人生の充実・幸せになること

4.「気付き」の訓練を積み重ねていること(いい点も、問題点も自主的に。「気付かない」「無関心」スタッフからの脱却)

5.危機感の醸成とカイゼンに繋がる行動が日々あること(例えばカードが少なければ「このままではいけない」と思い行動を変える)

6.経営参画の実現(当事者意識の醸成=自分たちでいい会社をつくっていく=見て見ぬふり、人ごと、やらされ感からの脱却)

7.組織成立の3要素(共通目的、貢献意欲、コミュニケーション)が高いレベルで機能していること

第2部は技能伝承に取り組む企業の好事例発表及び意見交換の場として「ものづくりは人づくり~人財育成と技能伝承~」をテーマにパネルディスカッションを行いました。

私はコーディネーターとしてたこ満さんの取り組みをベースに、パネラーのみなさまに人財育成と技能伝承について意見をうかがっていきました。

パネラーのみなさまは日頃から高い意識を持たれ実践されており、たくさんのことを教えていただきました。

以下まとめます。

〇人財こそ差別化の根源。これから全員正社員化を実現してモチベーションを高め、当事者意識を醸成したい。また、自分の成果を見える化し、振り返ることで気付きや当事者意識を醸成している。数値目標を明確にし、手を変え品を変え伝え続けることも大切。

〇人財育成のためには、計画的に第3者を活用することが大切。も自分たちだけでは甘さが産まれ時間をつくることができなくなる。専門家や第3者を活用することで計画通りの時間を作り出すことができる。数値化も大切。

〇理念を共有すること。理念に沿った行動かどうか判断し、何度も何度も繰り返していくことで行動の指針となる部分が明らかになる。自分ではなく「人のために」を徹底して追求すること。本当にピンチに追い込まれたときに新しい知恵と行動が産まれる。それが成長であり、振り返ってみて良かったと思う。

〇外部に委託していたものを見直し、自分たちで知恵を出しトライすることで人財育成に繋がった。新たな分野が開け、今ではお客さまに提案型の営業ができるようになった。危機感や当事者意識を醸成するためには、人生、そして働ける時間に限りがあることを知ること。

会場の方からも非常に大切な質問が出てきました。

人財育成も技能伝承もそもそもの目的は、「いい会社をつくり、会社を永続させるため」に他なりません。

目の前のことやそれまでの思考の癖・習慣にとらわれていては進まないことも本質ですが、少しでもご自分の会社にフィードバックしていただければ幸いに存じます。

お忙しい所ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました。

「わかりやすかった」「時間が足りなかった」というありがたい言葉もいただきました。

これもパネラーのみなさま、平松相談役、関係者のみなさまのおかげです。

誠にありがとうございました。

いい会社を増やしていい世の中にしていきましょう。

大丈夫でいきましょう!

takoman2.jpg