So-net無料ブログ作成

真の差別化とは? [経営「哲」学]

富田哲弥の経営「哲」学5

差別化とは2種類ある。

ひとつは、業界初、地域初となるような新商品・サービスを開発すること。

もうひとつは、誰もができることを誰もができないくらい繰り返し徹底して行うことである。

中小企業の場合は特に後者が重要であるが、実に多くの企業で課題となっている。

例えば、5S(整理・整頓・清掃・清潔)のひとつひとつは小学校の時に習ったことだ。

それを積み重ねた企業が差別化を実現しているのである。

それを実現するのは経営者の姿勢とスタッフひとりひとりの力である。

スタッフがそうなるために重要なのは、経営者が当たり前のことを当たり前にこなすスタッフに対して感謝の気持ちを表すことである。

スタッフも当たり前だと思い込んでいる休日や給料に対してありがたいという気持ちを忘れてはならない。

それらがお互いに持てなくなった時に、その企業の成長は止まる。


大丈夫で行きましょう!


共通テーマ:日記・雑感