So-net無料ブログ作成

ワールドカップから学ぶ組織風土の重要性 [スポーツ]

日本のワールドカップは終わってしまいました。

非常に残念です。

今回、私自身が感じていること・・・それは前回南アフリカよりもワクワクしなかったということです。

それがなぜなのか理由を考えたところ、日本は挑戦者の気持ちを忘れてしまったからということに行き着きました。

初戦コートジボワール戦では本田選手が見事に先制点を決めました。

しかし、「行ける!」と思った瞬間に日本は気持ち的に守りに入ってしまったのですね。

世界との差は「決めるところで決めるか否か」ですが、その根幹を成すのがメンタルだと改めて感じました。

香川選手も幾度かの決定的な場面を決められなかったのも、結局普段通りのプレイができなかったことに尽きます。

本番ではどんなにがんばっても技術はあがりませんけど、メンタルだけは高めることができます。

日本は前回南アよりもそこがうまく調整できませんでしたね。

強いチームとはつまり、勝とうとする共通の目的、チームのためにという貢献意欲、パスとゴールを成立させるコミュニケーションが高いレベルで機能しているということを改めて感じました。

今回の日本代表はこれら3要素が高くなく、個々がばらばらに動いていたように感じられます。

中心選手がことごとく不発だったのはそのあたりにあると感じました。

メンタルも含めて世界の壁を感じました。

組織と個、どちらも重要ですが、個がいくら際立っていても勝てません。

個の弱みをいかに組織が補うかであり、勝つためにはチームの風土が重要なのですね。

今回は負けましたが、これからの日本代表がまた楽しみであります。

ワールドカップはいよいよこれから本番です。

大丈夫でいきましょう!

共通テーマ:日記・雑感