So-net無料ブログ作成

終戦記念日に思うこと [自分]

今日は72回目の終戦記念日です。

戦争で命を亡くされた方々へのご冥福を心よりお祈りいたします。

私はこの平和が当たり前だと思ってはいけないと強く思います。

今日の命が保証されていることがどんなにありがたいことか感謝しなければなりません。

そうでないと私は自分の人生をより良くしようと思わないからです。

楽な方に流されてしまうからです。

自分がうまくいかないのを人のせいにするのはとても愚かなことですが、当たり前に感謝できない人がそうなります。

企業支援の現場でそういった状況をたくさん見てきました。

そして、誰もが気がつかないうちにそのような状態に陥るということも意識するべきです。

だから終戦記念日において一度気持ちを入れ替えることがとても大切だと考えます。

戦争で命を亡くされた方々に対して私たちができることは「幸せに暮らすこと」以外ありません。

幸せとは『人に愛され、人に褒められ、人に必要とされ、人の役に立つこと』が日々実感できる生き方です。

それは決して楽な生き方ではありません。

そして、人に褒められ、必要とされ、役に立つことは仕事を一生懸命することを通じて実感できます。

そもそも仕事は必ず誰かの役に立っているのです。

仕事は嫌なものではなく、誰かの役に立つものだと逆転の発想で考える事がとても大切だと思います。

その誰かを強く意識して、その人が喜ぶことを我が事で考える事が真の当事者意識だと痛感します。

極論を言えば、その誰かがどのように喜ぶかが見えなければ、その仕事はするべきでないと思います。

さて、誤解を与える表現かもしれませんが、私は仕事をしている自分が大好きです。

なぜなら、私にとって自分の能力・魅力を最大限に発揮する場は仕事しかないからです。

仕事は、人(クライアント)から大変喜ばれる(褒められ、必要とされ、役に立っている)ことが実感できる場です。

最高の自分を見せる場が仕事なんです。

だから自分は幸せです。

しかし、本来の私はぐうたらで怠け者で愚か者です。

だから、このままではいけないと強い危機感を持つのです。

その根本が戦争について考える事なのです。

最後にひとつ。

私は特攻隊員の遺書がまとめられた本を社員さんの研修で使うことがしばしばあります。

私たちが仕事をする上で大切な目的を明確にする上で用いるのです。

人は今の自分がどんなに恵まれているかを痛感しないとより良く変わろうと思わないからです。

特攻隊員は愛する人を守るために自分のたったひとつの命を賭けて散っていきました。

遺書のひとつひとつにはどんな思想も超越する心をうちふるわせる感動があります。

ところが、最近の傾向を見ると、特攻隊員の遺書に感動しない若者が増えているような気がしてなりません。

感性(気付き)が非常に鈍っていると感じられるのです。

その要因は多岐にわたることでしょう。

まず、私は戦争の歴史を教える教育や場がとても少ない気がします。

若者の感性を磨くためにも戦争の歴史を学ぶことは大切だと思います。

これらを若者に教えられないことは、これからの時代を担う若者にとって大変な悲劇であると思います。

そもそも教育とは、社会に出て役に立つ人を育成することが本質のはずです。

その根本は相手に対する気付きです。

気づきの力が弱い社員さんが果たして人(相手)に喜ばれる仕事ができるでしょうか。

仕事は自分中心の考え方だけではうまくいかないのです。

誰もが、人に愛され、褒められ、必要とされ、役に立っていることが実感できる人生を送って欲しいと願っております。

大丈夫でいきましょう!

2月11日 [自分]

昨年の2月11日、恩師坂本光司先生のお母様が天国に旅立たれました。

心より哀悼の意を表します。

先日出版された『日本でいちばん大切にしたい会社5』ではお母様のことが書かれています。

先生のお母様への愛情が改めて伝わり涙が出てきます。

私はこの1年間、正直言って言葉が見つかりませんでした。

1年が経った今、私はお母様に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

お母様、今の私があるのは坂本光司先生のおかげです。

東京時代から今日まで、本当にお世話になりっぱなしです。

独立の時は先生が背中を押してくださいました。

「おー、がんばれ!大丈夫だから」の先生のひと言が私をどれだけ勇気づけてくれたことかわかりません。

私がある赤字企業の立て直しに成功したときは心から喜んでいただけました。

また、ある企業から理不尽な要求をされたときは一緒になって怒ってくれました。

そうした先生のやさしさはきっとお母様から受け継がれたものだろうとずっと思っていました。

お母様、大変失礼な言い方かもしれませんが、坂本光司先生をこの世に産んでくださり本当にありがとうございます。

坂本先生のご恩に報いるためには精一杯強く正しく生き、中小企業の支援により一層努力すること以外にありません・・・それはきっとお母様も喜ばれることだと思っています。

今年の2月11日は人を大切にする経営で著名なたこ満さんがテレビ東京の『カンブリア宮殿』で紹介されました(テレビ東京さん、そして関係者のみなさん、たこ満さんを紹介してくれてありがとうございます。)。

不適切な表現かもしれませんがうれしい気持ちがありました。

お母様の命日に坂本先生とのご縁がとても深いたこ満さんが紹介されたからです。

きっとお母様も喜ばれていることでしょう。

人を大切にするいい会社が世の中にあふれるよう、これからも精一杯尽力して参ります。

お母様、天国でどうか安らかに。

sakamotop_tomita.jpg
静岡県庁主催 ワーク・ライフ・バランスシンポジウムにて

2014年を迎えました 1日24時間の中で [自分]

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

みなさんにとってよりよい一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

新年も1日が過ぎようとしています。

改めて24時間の重み・・・時間も人生も有限であることを痛感します。

私自身、幸せな人生とは、「24時間すべてを自分の時間にすること」ではないかと考えます。

常に自分が人生の主役であり続ける・・・そうなるためには「働く時間」を自分の時間にする必要があります。

しかしながら、「やらされている感」を持って仕事をする人や「指示待ち人間」タイプの人にとってはそれがとても難しいのです。

それを打破するためには、まず「その仕事をするあなた自身のあるべき姿」を明確にすることが重要です。

そして、リーダーはその仕事の「権限と責任」を部下に与えましょう。

当然リスクもありますが、思い切って部下に任せましょう。

なぜなら、リスクが人を成長させるのであり、それらを克服していくことが人生の醍醐味にも繋がるからです。

リスクのない人生ほどつまらないものはありません。

リスクに果敢に挑戦しましょう。

ベストを尽くした結果、例えその時に成果が出なかったとしても、それは決してムダではないのです。

何よりも「誰もが1日24時間」という誰もが共通する条件の中で、いかに積極的に目標をもって実行し、チェックとカイゼンを繰り返していくかがとても重要なのです。

今年の終わりにいい一年だったと振り返るために、ぜひみなさんがんばっていきましょう!

そうなるように私も精一杯努力し、支援していきたいと思います。

大丈夫でいきましょう!

追伸:
1月17日の浜松を皮切りに、県内4会場でワーク・ライフ・バランスセミナーが開催されます。

セミナーのfacebookも作られました。

https://www.facebook.com/shizuokawlb

みなさま、ぜひクリックをお願いいたします。



共通テーマ:日記・雑感

今年もありがとうございました。 [自分]

今年も残すところあと2時間余りです。

2013年もあっという間に過ぎていきました。

おかげさまで私は大変充実しておりました。

特に下半期はいわゆる「休日」が1日もありませんでした。

しかし私は大変幸せです。

なぜなら、「休日」という概念を超えた究極のワーク・ライフ・バランスを追求することができているからです。

違う言い方をすれば、みなさまのお役に立つことが人生そのものであり「やりがい」となっているからです。

これはサラリーマン時代の私では絶対に味わうことができない気持ちでしょう。

だからこそ自分は去年よりも確実に自分を高めることが出来たと実感できるのです。

これはとても幸せなことです。

すべてはお世話になったみなさまのおかげです。

本当にありがとうございました。

来年もより一層みなさまのお役に立てるよう、さらなる高みへ自分を到達させるつもりです。

よろしくお願いいたします。

大丈夫でいきましょう!


共通テーマ:日記・雑感

究極のワーク・ライフ・ハピネスト [自分]

みなさん、こんばんは!

8月があっという間に過ぎ、9月も終わろうとしております。

久しぶりのブログとなりました。

おかげさまで、とても充実した毎日を送っております。

忙しい中にも感謝の気持ちを忘れずに、お世話になっているすべての人々に心よりお礼申し上げます。

ブログの更新が遅れていたため、心配された方もいらっしゃいました。

ご安心ください。私はとても幸せです。

私は自分自身を「究極のワーク・ライフ・バランサー」あるいは「ワーク・ライフ・ハピネスト」だと思っています。

え?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私にとっては仕事もプライベートも自分の人生であり、どちらもとても大切な時間なのですね。

一日は24時間しかありません。

どんなに偉い人でも、そうでない人も1日は24時間です。

みなさんは24時間がすべて自分の時間ですか?

本来は24時間すべてが自分の時間であるべきですが、「労働時間」という考え方を前面に出すと「働いている時間」は自分の時間と思えない方があらわれます。

私は働いている時間こそ人生を燃焼している(自分の持てる能力を最大限に活用している)「大切な自分の時間」だと考えています。

「やらされている感」の仕事から脱却し、「指示待ち人間」の自分から一歩踏み出したとき、新しい働き方が見えてくると思います。

そもそも、拘束時間って何なのでしょうか?
残業時間って何なのでしょうか?

突き詰めて考えると、とてもおもしろいです。

当事者意識を持つとは、まさに仕事が我が事(自分のこと)になること。

24時間を「自分の時間」だと言える人生に。

誰でも自分の人生は自分が主役なのですから。

大丈夫で行きましょう!

共通テーマ:日記・雑感

謹賀新年! [自分]

あけましておめでとうございます。

2013年がみなさんにとってより充実した幸せな年でありますよう、心からお祈り申し上げます。

みなさんにとって昨年はどのような年でありましたか?

リーマンショック、東日本大震災を経験した私たちの経済は完全に疲弊し、中小企業を直撃し、未だ回復していない状態となっております。

静岡の中心市街地でも空き店舗が目立っています。

飲食店やタクシーの運転士さんに意見をうかがっても、総じて一昨年(2011年)の方がいいという反応です。

景気や経済のせいにはしたくないといいつつも、不安ばかりが支配しています。

そのような状況の中で、昨年は12月に政権が変わりました。

大いに期待したいところですが、ひとつだけ強く申し上げたいのは、どうか私たち「国民」をよく見て欲しいということです。

労働者の約7割が中小企業で働いています。

中小企業が良くならなければ経済は良くならないし、国民生活も改善されません。

金融緩和も中小企業の末端にまでお金が回るようにしなければ意味がありません。

そして、今お金が必要な企業は、総じて経営状態が厳しいです。

どうか、これまでと視点を変えていただき、正しくがんばる企業に対する支援策の充実を切に願います。

私自身、昨年は訪問する企業の回数が1,000回を超えました。

今年も懸命にがんばる中小企業を精一杯支援していく所存です。

よろしくお願いいたします。

大丈夫でいきましょう!

共通テーマ:日記・雑感

素晴らしき仲間たち [自分]

この週末は高校時代の仲間が久しぶりに集まりました。

みんな忙しい中日程を調整してきてくれました。

仲間が集まると時計の針は一気に当時に戻ります。

今だから話せる話題から、近況報告も含めて大いに盛り上がりました。

それぞれが様々なポジションで活躍しています。

経営者もいますし、大手企業の部長・課長といったポジションに就いている者も多いです。

基本的にみんな変わっていないのに、それぞれ活躍している姿を想像すると頼もしい気持ちになります。

これだけのメンバーを見ていると、何かができそうな気がしてきます。

それにしても同級生というのはとても不思議です。

高校生活は今から思えばたったの3年間の日々なのですが、その中身がいかに濃かったかと言うことを改めて思い知らされます。

そして、通常ではなかなか築けない関係がそこには存在します。

「信頼」という言葉が最も適していると思いますが、誰かが困っていたら無条件で助けに向かうことでしょう。

話は尽きませんでしたが、次回の再会を約束して別れました。

楽しみにしています。

大丈夫でいきましょう!

共通テーマ:日記・雑感

「天国からの果実」は伊達じゃない!驚きのガック化粧品 [自分]

以前、世界で初めてガックというフルーツを原材料として使用した化粧品「天国からの果実シリーズ」を紹介しました。

ガックはベトナム産のフルーツで、その特徴は抗酸化作用(アンチエイジング)で有名なリコピンがトマトの168倍(ミニトマトの83倍)含まれることです。

詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.gacshop.jp/

さて、その使用感について判断したいと思います。

本格的に使用して5ヶ月あまり、私の顔に明らかな変化が出てきました。

私は元々ニキビができやすい体質でしたが、すっかりできなくなったのです。
(私の年齢ではもうニキビとは言わないですね。)

明らかに体質というか肌質が改善された手応えを感じます。

その効果はジワリジワリという感じで現れてきました。

使用して1ヶ月を過ぎる頃には「変わった感」が得られ、友人が私の顔を見て「何だか顔がきれいになったね」と言いました(私は男性なのですが)。

私は朝と晩に石鹸とゲルを使用しています。

まず石鹸で洗顔をし、その後にゲルを塗ります。

石鹸は泡立てネットでこすると数回できめ細かい泡が出てきます。

この泡がとても気持ちいいのです!

ゲルはオールインワンですので、時間のない朝でも簡単にお肌が整います。

たくさん塗ってもすぐにしっとりしてベタつきません。

野バラの香りが高級感を感じさせ、顔に塗るのを楽しませてくれます。

さらに私は朝と晩にガック&ルイボスティを飲んでいます。

こうして体の外側だけでなく内側からもガックを取り入れている訳ですが、不思議なことに風邪もひかなくなりました。

これは本当に凄いこと・・・中小企業診断士として客観的にみても、このシリーズは自信を持ってお薦めできるものです。

私の周りで「天国からの果実シリーズ」を使用している女性の友人たちや母もこぞって絶賛してくれています。

そういった反響もあってか、今週の土曜日(24日)に静岡あさひテレビの「情報ザウルス」という番組で紹介されるようです。

放送時間は午前6:00~6:15と午前11:30~11:45です。

プレゼントもあるようなので、ぜひご覧になって下さい。

正直、これほどまでとは思いませんでした。

これは本当にいいですよ!

大丈夫でいきましょう!

共通テーマ:日記・雑感

私が市長になったら・・・中小企業のために何をするか [自分]

橋下徹新大阪市長が今日から正式に動き出したそうですね。

本当に正しい世の中のためにがんばってほしい!

心からエールを送らせていただきたいと思います。

もし、私が市長になったら、中小企業の、中小企業による、中小企業のためのメディアを作ることを呼びかけたいですね。

なぜなら、現在のメディアが大手企業の目線であると感じられるからです。

これもひとつの見方でしょう。

しかし、重要なのは消費者の約7割が中小企業に勤めているという現実です。

大手企業の指標も確かに重要ですが、こと国民生活の視点は中小企業の視点とほぼ同じだと思うのです。

現在のメディアの報道がすべてではないということをみなさんが知らなければ・・・と思うことがたくさんあります。

中小企業目線で取り扱うメディアがなければ、政治と国民生活はどんどん乖離していくことでしょう。

例えば、消費税が10%になればどうなるでしょうか?

単純に倒産する企業が増えます。

中小企業の3/4は赤字と言われていますが、赤字企業でも消費税は払わないといけないのです。

倒産する企業が増えると失業者が増えます。

失業者が増えると消費意欲も可処分所得も減ります。

消費が減ると経済が停滞します。

結果、私たちの生活がもっと厳しくなります。

ですから、元気で業績がいい中小企業が増えることが日本を救うためには必要だということがわかります。

中小企業の、中小企業による、中小企業のためのメディアを作り、中小企業の業績向上のために役立てたいのです。

低価格でよい商品をプロモーションできるようにすれば、世の中が明るくなるでしょう!

中小企業目線の報道が増えれば、その意見こそが国を変えるものになるのではないでしょうか。

そんなことをふと考えました。

大丈夫でいきましょう!

共通テーマ:日記・雑感

小川孔輔先生が還暦を迎えられました [自分]

私の恩師である小川孔輔先生が還暦を迎えられました。

土曜日に市ヶ谷でお祝いのパーティが催されました。

小川先生は我が国におけるマーケティング学の重鎮でいらっしゃます。

先生が普通の大学教授と違うのは、徹底した現場主義であることです。

だから授業はフィールドワークをとても重視します。

授業もゼミも決して楽ではありませんが、その時の体験が私の中にも脈々と息づいています。

式典の最後に小川先生が挨拶をされました。

先生は、学生時代から自分を客観的に見つめて、常に自分自身に負荷をかけてきたとおっしゃっていました。

人間は自分自身に負荷をかけなければ成長がない・・・全く同感です。

小川先生ですらそうなのですから、私なんかもっとがんばらなければなりません。

また先生は、ここに集まった人たちとこれからも一緒に生きていきたいともおっしゃっていました。

とても感動しました。

先生はマラソンランナーですが、走ることが生き方そのものに感じられます。

常に走っています。

この先も決して走るのをやめることはないでしょう。

いつまでも私たちを引っ張ってください。

必死になってついていきます。

改めておめでとうございます。

大丈夫でいきましょう!

DVC00048.jpg
挨拶をされる小川孔輔先生